職場での問題:パワーハラスメントとは何なのか

パワーハラスメント、通称パワハラとは、職場における力関係を背景としたいじめであり人権侵害です。2012年に厚生労働省がまとめた、職場のパワーハラスメントに関する実態調査報告書によるとパワーハラスメントへの関心が高まった、仕事のストレスが増えている、パワーハラスメントについて相談しやすくなった、仕事の負担が増えている、価値観が多様化している、職場のコミュニケーションが少ないという報告があがりました。しかし、パワーハラスメントは法令に明確に定義されていないため、被害者がパワーハラスメントを受けたと訴えたとしても加害者がパワーハラスメントの意識が全くないという温度差があるので、なかなか企業が解決する対応策がまだ不十分で対策を急がれます。しかし、職場でもいじめは昔から存在していましたが、長引く不況とリストラで厳しい経営環境のもとで職場にゆとりがなくなっていることや上司自身にもノルマなどの重圧がかかっている背景がパワーハラスメントを生み出していまます。パワーハラスメントの事例とはどのようなケースなのでしょうか。人前で怒鳴られる。問題ではないことも個室に呼び出され長時間にわたって非難される。仕事の相談する部下に対して上司は仕事を処理する能力がないと言われる。などです。

Comments are closed.