セクハラ問題を解決するには

職場での問題として良く取り扱われるセクシャルハラスメントですが、このセクハラとも言われる問題を根本的な部分から解決する為には、役所や裁判所、ADRとも呼ばれる裁判外紛争処理制度を利用する事が必要です。
ADRについてはあまり知られていませんが、平成16年度にこの手続きを行う事で訴訟と並ぶ効果が発揮できる物としての位置づけがされており、手続きが簡易的という面で、裁判等の手続きを行うよりも早期解決ができるという事柄が多いので、直接加害者側との話し合い等を行ったり、職場での話し合いを行ったとしても解決がされないという場合には、この制度を活用してこの問題を解決するのが最も良い方法です。
具体的に相談をする窓口は役所となっており、役所に相談をする事でこの手法をとることができるようになっています。
メールや電話等を利用して相談を受けている所もあるので、そのような手段を利用して解決を行うようにしていくとより良い解決がされるかどうかを考慮しながら問題の解決をする事ができます。
ちなみに、加害者側や職場との話し合いが不調に終わってしまった場合には、労働法規上違反になる場合において、労働基準監督署での相談を行う事が可能です。

Comments are closed.