セクハラが負う法的責任

セクハラを行った人が負う事になる法的な責任については、具体的にどのような行為に及んだのかという事柄について異なりますが、法律的に罰せられるレベルの物であれば、最悪の場合は性的な犯罪として扱われます。
まず、セクシャルハラスメントは人権侵害の枠組みに入る為、これに関しては行われた無いようにもよりますが、該当する事となり、精神的又は肉体的な損害、経済的な損害等がそれによって起こった場合には不法行為とみなされ、損害賠償をしなければならなくなります。
犯罪行為としてはわいせつな行為を含み、強姦や傷害又は強迫、性的な事に応じなかった事による名誉棄損や侮辱等が含まれ、これらは犯罪行為としての取り扱いがなされます。
ちなみに、セクシャルハラスメントが行われた企業では、企業内で行われた場合、加害者が社員等であった場合、雇い主側が社員の就労について選任を行ったり、注意をする必要性が出てきますので、加害者だけが責任を取れば良いというものではなく、事業主が損害賠償をする責任を負わなければならなくなるケースも存在します。
その為、企業側もこの行為については十分に注意をしておく事が必要であり、被害が出ないように監督する事が大切です。

Comments are closed.