パワハラの内容が犯罪行為のケース

最近パワハラという言葉を聞きますが、セクハラとどのような違いがあるのかとネットを利用して調べてみると、意外にわからなったパワハラについて分かりました。パワハラとは上司による指導が範囲内かの線引きが難しい問題そうです。法律による定義はないようですが、職権などを利用して、本来の業務の範囲を超えて、持続的にその人の人格や尊厳を侵害する言動を行い、働く関係を悪化させたり、雇用不安をあたえることが挙げられるようです。具体的な例を挙げると、お前はいつでもクビにできるぞといった言動や存在自体が目障りといった人格を否定する内容などの具体例に挙げたような言動をとれば、その言動自体が加害者自身に損害賠償を追及できる場合があります。もし仮に人格を否定する言動に加えて、殴るといった暴行を伴う時には刑事告訴もできます。さらに会社に対しても法的責任を問うこともできます。会社は働く人にとってよりよい職場環境を作り、維持するなどの配慮する義務があります。会社が上司による加害行為を認識してるにも関わらず、そのことを改善しない場合は、職場環境配慮に違反するので、会社側に対して法的責任を追及できるという事です。上司の悪質な言動がある場合は一度専門家に相談するが大切です。

Comments are closed.