パワハラの被害者になったらどうするのか

職場の上司から被害を受けた場合、被害の様子を記録として残しておく必要があります。
そして大声でどなられたりしても平静な態度で動揺している様子を周りに見せないことが大事です。
あまりにおろおろしてパワハラにあったことにより社内でのいじめまで受けてしまっては大変です。
他の同僚に相談して同様の被害にあっていないか確認してみることも重要です。
どんな風に言われたのかどんな態度を取られたので日付などもメモして状況が改善されないときの保険として記録に残しておきましょう。
そして堂々とした態度で、自分がストレス発散の道具にはならないことを上司に解らせる必要があります。
それでも状況が改善されない場合は法的手続きを踏んで相手を訴えることもできます。
職場に出勤できなくなるだけでなくうつ病にまで発展してしまっているのに上司は今まで通りに出勤して、あなたが辞めたことによって別のターゲットをパワハラ対象にしてしまう可能性があります。
被害が拡大する前に必ず被害の記録をしっかりとって、会社の相談窓口や弁護士事務所などや社外の相談窓口で相談する必要があります。
最後に、とにかく一人で悩まずに強い気持ちをもって毅然とした態度で上司と接して、悩みは誰かに相談しましょう。

Comments are closed.