パワハラ問題を解決するには

パワハラとは、パワーハラスメントを略した言葉です。職場において、上司から部下に行われるものだけでなく、先輩・後輩の間または同僚の間、部下から上司に対して行われるいじめや嫌がらせのことを言います。地位や権力と言った力関係やその他の優位性を背景または起因とし、行為としては、大声で怒鳴ったり、暴力をふるったり、差別・無視するなどのように、精神的・身体的苦痛を与えるものです。自分が被害者になった場合の対処法としては、まずは被害記録を録ることです。実際に被害を受けた日時や経緯・内容・加害者の言動などについて具体的に書き取る他、録音できる場合は録音をして保存をします。こうした記録は、様々な解決方法の場において、資料や証拠として活用されることとなります。次にパワーハラスメントを解決する方法へと行動を移します。最初に、加害者本人や会社側と話し合う場を持ちます。両方を試みて解決出来ないは、役所へ相談する・ADR(裁判外紛争解決手続き)での解決・裁判所での解決と言った方法があります。加害者が誠実に交渉に応じてくれるのであれば、時間もお金もかからない方法として、加害者や会社側との話し合いでの解決が最も望ましいです。

Comments are closed.