パワハラが及ぼす職場への影響

パワハラとは職場の権力を利用し、本来業務の適正な範囲を超えて継続的に人格や尊厳を侵害する言動のことを指します。その影響は大きく、パワハラの被害者だけでなく周りの人々や環境にも悪影響を及ぼします。まずパワハラがある職場は被害者だけでなく周りの労働者も余計な神経う空間になってしまします。いつか自分もパワハラの被害者になるかもしれないという状況は緊張が続き仕事に集中できない環境を作ってしまいます。このような状況は会社への帰属意識が薄れ、職務規定についての節度が乱れモラル低下につながります。また上司や先輩によるパワハラを見てそれが当たり前だと理解した部下は同じようにパワハラを繰り返す危険性があり更なる状態悪化を招きます。またパワハラには労働生産性の低下の危険性も潜んでいます。これはパワハラの被害者が肉体的・精神的不調により働けなくなったり退職したりすることで企業の生産性が低下するということです。それ以外にもパワハラを受けていない労働者にとって自分がパワハラに遭わないように上司や先輩の顔色をうかがって働くことや、上司に自由に意見することができない環境は本来の業務を遂行し新しいアイディアを生み出すことが困難になるため結果として企業全体の生産性を低下させることに繋がります。